こころのプラネット

間違った生き方や考え方が自分を苦しめていた・・・ 不安障害で苦しんだ当事者が出会ったこころの真実。森田療法を中心に、マインドフルネス・仏教心理学などを通して 苦しみの本質に気づき、とらわれのないこころのあり方さぐります。

こころのトリセツ こころの本 その他の療法

幸せのパラドックス

投稿日:2020年3月20日 更新日:

 

幸せのパラドックス

僕たちの探している青い鳥だ!僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はここにいたんだ!”(「青い鳥」メーテルリンク)

人は常に幸せを求めます。人生は幸せを求める旅だと言ってもいいでしょう。
しかし、古くから「幸せは追い求めれば求めるほど逃げていく」という言葉があります。いわゆる「幸せのパラドックス」です。

先回、不安障害の話に関連して、「治そう」と思うと「治らない」という話をしました。このパラドックスは「幸せ」に関しても当てはまるのです。

アウシュビッツの過酷な体験を描いた著作「夜と霧」で知られる精神科医V.フランクルは、「幸せを追い求める人は、どこまで行ってもそれを手に入れることが出来ない」という幸福の逆説性について述べています。

それは「幸せを追求していくと、人は果てしない欲望ゲームの虜となって、絶えずむなしさや満たされなさを抱え込んで “永遠の欲求不満状態” に置かれてしまう」(諸富祥彦)からです。

幸せを手に入れたい

私たちは日々さまざまな情報によって欲望を刺激されています。あれが欲しいこれが欲しい。欲望に限りはありません。その欲望を満たすことはとりもなおさず「幸せ」を手に入れることと思い込まされています。お金、マイホーム、海外旅行、恋人、家族、地位、評価などなど。

これまではささやかな幸せで満足していたけれど、世の中には、もっと幸せな人が、ものが、人生がある。そう私たちを追い立てます。そのため、それを手に入れたいと人は「幸せ」を求めてやみません。

幸せさがし

しかし、それはきりがありません。幸せを得たと思った途端、さらに新たな幸せ探しが始まります。そうなると、幸せを求めれば求めるほど、逆に今、幸せではないということになってしまいます。それが「幸せのパラドックス」です。

幸せと満足

もちろん、幸せは百人百様であり、幸せをどこに求めようと他人があれこれ言うことではありません。ただ、問題は自分の思い描く幸せを手に入れられないで不満を募らせ苦しんだり、生きている毎日が幸せを手に入れるまでの単なる通過地点に過ぎない、ということであれば、本来の幸せのあり方としては本末転倒です。

それは本当の幸せなのだろうか。単なる満足ではないのかということです。

幸せはどこにあるのか

幸せの「青い鳥」

幸せは一体どこにあるのでしょうか。

メーテルリンクの「青い鳥」では、チルチル・ミチルの兄妹が、夢の中で幸せの象徴である青い鳥を探して過去や未来の旅に出ます。そして、さまざまな経験をした挙句、結局その青い鳥は自分たちの家の鳥かごの中にいたというお話です。

つまり、幸せはどこかに探し求めるものでなく、あなたのすぐ近くにあるのですよという寓話として伝えられています。

余談ですが、私たちが童話で知っている「青い鳥」の結末はふつうここまでです。
しかし、原作ではこの後、青い鳥は鳥かごから逃げて行ってしまいます。作者はこの結末によって、何を言おうとしているのでしょうか。幸せは手に入れたと思ってもすぐ失ってしまうものだと教えているのか、大切にしなさいと教えているのか。それとも別の意味があるのか。

いずれにしろ、「青い鳥」は子供向けとはいっても随所に象徴的な表現があり、なかなか一筋縄ではいかない深みがあります。
小説家の五木寛之氏はこの最後の場面について、『青い鳥のゆくえ』という著書の中でいろいろ考察を加えています。

また、これも余談ですが、この「青い鳥」には同じ作者による後日談ともいうべき続編があります。1918年に発表された「チルチルの青春」(原題「いいなずけ」)です。

青い鳥をさがす旅から7年後、16歳のチルチルが結婚相手を探す旅のお話です。「青い鳥」の後日談ということもあって、これもとても興味深い話ですので関心のある方は読んでみて下さい。

《結果としての幸せ》

話が変な方向にそれてしまいましたが、最初に戻ると、V.フランクルがいう幸せは一生懸命生きることの結果として手にするものであり、求めるべきゴールではないということです。

生きる意味

それでは人は何のために生きるのか、という問いが生まれてきます。

それに対してフランクルは、「人生に意味があるかないか」を問うのではない。「人は人生から問われている存在」であり、生きるとは運命が差し出す問いに具体的な行動で応えていくプロセスであると言います。

つまり、それは人間一般という抽象的なことでなく、自分自身の人生における問いです。例えば、今困っている友人に何ができるのか、求められている役割にどう応えていけるのか。それが「生きる意味」であり、それが結果として幸せをもたらすかもしれないと言うことです。

どんな時も人生には意味がある

どんな時も人生には意味がある。
あなたを待っている “誰か” がいて、あなたを待っている “何か” がある。
そしてその “何か” や “誰か” のためにあなたにもできることがある。
これがフランクルのメッセージです。

【参考】
V.フランクル『夜と霧』
V.フランクル『「生きる意味」を求めて』
諸富祥彦『夜と霧 ビクトール・フランクルの言葉』
五木寛之『青い鳥のゆくえ』

-こころのトリセツ, こころの本, その他の療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

さ迷えるこころ~マインドワンダリング~

  ふと浮かぶ記憶・思い 思い出そう・考えようとしていないのに心に浮かぶ 何かを「思い出そう」とか「考えよう」としていないにもかかわらず、とりとめのない記憶や思い(思考)がふと頭に浮かんでき …

森田療法と認知行動療法

    《不安に対する考え方》 私たちが最も頻繁に経験する「不安」という感情。 それに対して、どう対処するのかにはさまざまな考え方があります。 今回はその代表的な心理療法である「認 …

あるがまま

《あるがままとは》 森田療法の人間観の根本はひと言でいえば「自然な生き方」です。 『もともと私たちの身体と精神の活動は自然の現象である。人為によってこれを左右することはできない』という森田の考え方にそ …

受け容れられる

《他者からの受容》 自己受容と他者受容 先回、「あるがまま」との関連で「自己受容」について考えました。「自己受容」は自分ひとりだけで成り立つものではありません。自分を受け入れるためには、他者との関係も …

とらわれと執着

《とらわれとは》 森田療法では不安障害の原因を「とらわれ」という特有の心理的メカニズムが働くために起きると考えます。 「とらわれ」とは、ひとつの考えにかんじがらめになってその考えから離れられなくなると …

プロフィール

プロフィール

石井 勝
大学卒業後、放送局にて制作・報道などに
従事。その後独立。
思春期より不安障害に悩む。自助グループ
で活動するかたわら心理学を学び
臨床心理士・公認心理師の資格取得。
名古屋市在住。2015年より北アルプスの麓
長野県安曇野市で300坪の畑を借り
都会と田舎の二拠点生活を始める。
家族は妻・子ども3人・母。
趣味は野菜づくり・読書・世界辺境旅行等

リンク

お知らせ

お知らせ

現在ありません

PAGE TOP