こころのプラネット

間違った生き方や考え方が自分を苦しめていた・・・ 不安障害で苦しんだ当事者が出会ったこころの真実。森田療法を中心に、マインドフルネス・仏教心理学などを通して 苦しみの本質に気づき、とらわれのないこころのあり方さぐります。

こころのトリセツ こころの本 マインドフルネス 心理療法

さ迷えるこころ~マインドワンダリング~

投稿日:2021年2月4日 更新日:

 

ふと浮かぶ記憶・思い

思い出そう・考えようとしていないのに心に浮かぶ

何かを「思い出そう」とか「考えよう」としていないにもかかわらず、とりとめのない記憶や思い(思考)がふと頭に浮かんできて、しばし目の前のことを忘れてこころの内なる世界にさ迷っていた経験はありませんか。

人の話を聞きながらぼんやりと別のことを考えていたり、本を読んでいても心はそれとは別の空想にふけっていたり、旅先でふと見かけた風景に子どもの頃の思い出が一気によみがえったり、仕事をしながら脈絡のない記憶や思考の世界に迷い込んだり・・・。

私たちは日常このような、「思い出そう」としていないのにふと過去の記憶を思い出したり、「考えよう」としていないのにふと思考が浮かんできたり、といったことをしばしば経験しています。

さ迷えるこころ「マインドワンダリング」

こうした「さ迷えるこころ」の状態、「こころここにあらず」の状態、「雑念が次々と湧いてくる」状態、これを「マインドワンダリング」と呼びます。
私たちが「ぼんやりしていた」という状態の時は、このマインドワンダリングの状態といってもいいでしょう。

注意が離れ内的世界へ

ふつう何か活動をしている時(例えば料理をしている時)、こころは料理の手順や味つけの方法など、つまり「いま、その瞬間」に注意が向いているはずです。

しかし、人間のこころはしばしばそこから離れて、自分の内的世界(意図しない記憶や思考)へ向かってしまいます。そのため、目の前の状況が意識に上りにくくなり、ますます内的世界へ没入してしまうということが起きるのです。

脳波を使った研究でも、マインドワンダリング中は外からの刺激に対する脳の反応が弱くなることも明らかになっています。

どんな時に起きるか

こうしたマインドワンダリングが起こりやすいのは、馴れた仕事、関心が持てない活動、不安を感じている時などに多く、初めての仕事、集中力が必要な活動、積極的な関心を持っている時は少ない傾向にあると言われています。

そもそも、私たちの脳は注意を長い時間持続することが困難であり、時々注意が散漫になるようにできているとも言われています。これもホメオタシス(生体保持)の一種と考えられます。

多くの時間を費やす

私たちは1日の多くの時間をこのマインドワンダリングに費やしています。
ある調査によると30~50%というデータもあります。

私たちはふだん、自らが意識的に思い出し、意識的に考えていると思いがちですが、実はびっくりするほど多くの時間を、「こころここにあらず」の状態で、ぼんやりよそごとを考えて過ごしていると言えます。

なぜマインドワンダリングが起きるのか

しかし、この時間がまったくムダで意味がないのかというと決してそうではありません。
人がこれだけ多くの時間をマインドワンダリングに費やしていることを考えると、ここに何らかの重要な意味があると考えられます。

そのため、最近はこの現象の中に、これまで見過ごされてきたこころのさまざまな意味が含まれていると考え、活発な研究が行われるようになってきています。

ネガティブとポジティブの2つの側面

マインドワンダリングにはネガティブとポジティブの2つの側面があります。

ネガティブの側面では、課題に対して集中が持続しないため効率が悪くなります。また、ふと浮かんでくる記憶や思考がネガティブなことが優勢になると、不安障害や抑うつなどに関係してきます。(このことについては、「ふと浮かんでくるネガティブな思い」で考えてみたいと思います)。

ポジティブな面では、例えば、思い出そう・考えようとしなくても、過去や未来に関する情報が意識に上ることで、私たちは目の前の状況だけに縛られないで情報を得ることが出来ます。
それはより適切な行動をとれるようになるための適応行動とも考えられます。この働きは洞察やひらめき、気づき、マインドフルネスなどにも関係するといわれています。

マインドワンダリングと
   デフォルト・モード・ネットワーク

最近、脳の研究が盛んになり、このマインドワンダリング(さ迷えるこころ)とデフォルト・モード・ネットワーク(脳のアイドリング状態)が極めて似ていることや、それと関連して、瞑想を取り入れたマインドフルネスとの関係が取り上げられるようになっています。
そのことについては、次回で紹介します。

【参考】
「ふと浮かぶ記憶と思考の心理学~無意図的な心的活動の基礎と臨床」関口貴裕・森田泰介・雨宮有里著

-こころのトリセツ, こころの本, マインドフルネス, 心理療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

認められたい(3)

《承認を求め続ける》 私たちにとって承認欲求の最初の経験は母親(あるいは養育者)に対してでした。その後もそれは止むことがありません。 誰からも認めてもらいたい 私たちは大人になっても「承認」を求め続け …

あるがままと自己受容

《自己受容とは》 臨床心理学では、「適応」や「治癒」に関わる重要な概念として「自己受容」があります。 自己を「あるがまま」に観ることと「自己受容」とはどう違うのでしょうか。 治療における重要な概念 「 …

不安とのつき合い方(2)

《不安とどうつき合うか》 できること・できないこと 私たちの心を脅かす不安。 その不安という感情が生じる原因には、もちろん客観的に脅威が存在し、いわば避けがたいものもありますが、多くは自分自身の心が生 …

マインドフルネス

《マインドフルネスとは》 最近、マインドフルネスという言葉をよく聞きます。欧米の臨床心理・精神医療の分野で盛んに取り上げられ、心理療法の新しいトレンドになっています。また、最近では臨床心理の分野だけで …

「諦める」の本当の意味

「諦める」の本当の意味 先回、「こころの断捨離」の中で、「諦(あきら)める」というお話をしました。 「諦める」とはふつうネガティブな意味に使われていて、悔いや心残りはあるが仕方なく放棄するという意味で …

プロフィール

プロフィール

石井 勝
大学卒業後、放送局にて制作・報道などに
従事。その後独立。
思春期より不安障害に悩む。自助グループ
で活動するかたわら心理学を学び
臨床心理士・公認心理師の資格取得。
名古屋市在住。2015年より北アルプスの麓
長野県安曇野市で300坪の畑を借り
都会と田舎の二拠点生活を始める。
家族は妻・子ども3人・母。
趣味は野菜づくり・読書・世界辺境旅行等

リンク

お知らせ

お知らせ

現在ありません

PAGE TOP