こころのプラネット

間違った生き方や考え方が自分を苦しめていた・・・ 不安障害で苦しんだ当事者が出会ったこころの真実。森田療法を中心に、マインドフルネス・仏教心理学などを通して 苦しみの本質に気づき、とらわれのないこころのあり方さぐります。

こころ 心理学としての仏教 心理療法 森田療法

「諦める」の本当の意味

投稿日:2021年1月10日 更新日:

「諦める」の本当の意味

先回、「こころの断捨離」の中で、「諦(あきら)める」というお話をしました。

「諦める」とはふつうネガティブな意味に使われていて、悔いや心残りはあるが仕方なく放棄するという意味で使われがちです。

そこには、諦めた本人はこれまでのとらわれから自由になっていない状況があるわけです。

断念する

しかし、本来の意味は、ものごとの真実が明らかになり、“迷いが無くなった” 状態のことを言います。それとともに「諦める」には “片をつける” “断念する” という意味もあります。

つまり、真実(事実)が明らかになったのですから、それに対して私たちの力は及ばないということです。ですから、「断念する」しかないことになります。

森田療法の諦める

森田療法では、はっきり「諦(あきら)める」という表現はしていませんが、それと同じ意味のことが随所に出てきます。

あるがままよりほかに仕方がない

森田はあるがままについて、『詮じつめれば、あるがままでよい、あるがままよりほかに仕方がないということになる。これを宗教的にいえば帰依とか帰命(きみょう)とか絶対服従の意味になる』と書いています。

ここで、“あるがままよりほかに仕方がない” というのは、真実(事実)の前では私たちが頭で作り上げた観念は無力である。だから、これまでのやり方(自分なりの評価や価値判断など)は断念せざるを得ない、あるがままより仕方が

ない、ということになります。

『これを宗教的にいえば帰依とか帰命とか絶対服従の意味になる』とはまさに理屈を超えて事実の前にひれ伏すということです。

窮して通ずる

また、森田はこうも言っています。

『(人は)行き詰った時、つまり工夫も方法も尽き果てた時、はじめて道が開ける、ということであります。それが ”弱くなりきる” ということです。この時、やらなければならないことは仕方なしにそれを実行するのです。それが “突破する” ということであり、“窮して通ずる” ということであります』。

“工夫も方法も尽き果てた時” というのは、これまでのやり方をすべて断念したところに、道が開けるということを意味しています。

人為を捨てて道を拓く

言い換えれば 人為を捨てた時、自ずから道が拓けてくるということです。

あれこれ考えたり、コントロールすることを「諦めれば」、自然の摂理が働いて、本来あるべきところにおさまるということです。

コントロールを諦める

不安はコントロールできない時に生じる

自分や自分を取り巻く環境を私たちはすべて自分の思い通りにコントロールできるわけではありません。

私たちは自分で「コントロールできない」ことを「コントロールできる」と勘違いし悩みを深めています。

そもそも不安という感情は、自分ではそれをコントロールできないと感じる時生ずるものだからです。

結果はコントロールできない

それでは、自分がコントロール「できること」は何でしょうか。

「できること」は2つです。それは自分自身の「考え方」と「行動」です。

悩みの原因が自分にあれば、現実に適応して自分の「考え方」を変えることは「できる」。また、環境に原因があれば、そこに働きかけるための「行動」をとることは「できる」。

しかし、その結果を自分の思い通りにコントロールすることはできません。

できないことは断念する

「できること」は行い、「できないこと」は諦める

結局、私たちは、自分がコントロール「できること」は行い、「できないこと」は「諦める」という単純な結論に行きつくしかないのです。

分別を放棄する

何度も言うようですが、この際の「諦める」は、断念する、すっぱりと縁を切る、自らの努力・意志・分別を放棄して真理に任せる、そうした意味です。それはそのまま「断捨離」ということとつながっています。そうすることによってはじめて次への新しい展開が開けるのです。

-こころ, 心理学としての仏教, 心理療法, 森田療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

心理学としての仏教

《心理学としての仏教》 “現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれる宗教があるとすれば、それは仏教である”  (A.アインシュタイン) 私は仏教には現代の人が学ぶべきことが沢山あると思っています。た …

生きる意味(1)

《生きる意味》 “生まれて来てよかったと、ああ、いのちを、人間を、世の中を、よろこんでみとうございます。僕は自分がなぜ生きていなければならないのか、それが全然わからないのです”  (太宰治「斜陽」) …

自助グループ(1)~わかちあう~

  悩みが孤立感を深める 誰に相談するか 人生の途上にはさまざまな問題が起こります。その都度、私たちは悩み、葛藤し、この困った事態をどうしたら解決できるのかいろいろ模索します。しかし、簡単に …

こころの断捨離

断捨離とは 断捨離ブーム さまざまなモノであふれている生活。そんな生活からの反省でしょうか、「断捨離」をうたった片付け術がブームです。人とモノの関係を考え直してみようという精神的な背景も感じられ、また …

はじめに

《つまづき》 私は思春期、学校の授業で本を読むようあてられた時、なぜか途中で声が出なくなり読めなくなってしまいました。ただでさえ自分に関心が向く難しい時期、そのことがきっかけでとらわれに陥り、それ以来 …

プロフィール

プロフィール

石井 勝
大学卒業後、放送局にて制作・報道などに
従事。その後独立。
思春期より不安障害に悩む。自助グループ
で活動するかたわら心理学を学び
臨床心理士・公認心理師の資格取得。
名古屋市在住。2015年より北アルプスの麓
長野県安曇野市で300坪の畑を借り
都会と田舎の二拠点生活を始める。
家族は妻・子ども3人。
趣味は野菜づくり・読書・世界辺境旅行等

リンク

お知らせ

お知らせ

現在ありません

PAGE TOP